気になる食材

オーシャンプリンセスの高いホワイトツナ缶が超絶美味しい!

オーシャンプリンセスって知ってますか?

日本一高いツナ缶」で有名な「オーシャンプリンセスホワイトツナ ブラックレーベル鮪とろツナ缶」を販売している、静岡県の清水にあるモンマルシェさんの缶詰ブランドなんです。

最近では「行列のできる法律相談所」など、テレビ番組でも紹介されることも多くその人気は高まるばかり。

噂の「日本一高いツナ缶」は5000円以上もするにもかかわらず、その人気のあまり品切れのことも多く、いまや入手困難…。でも、日本一高い「ブラックレーベル鮪とろツナ缶」よりもお手頃な「贅沢ホワイトツナ缶」もめちゃくちゃ美味しいんです!

今回はオーシャンプリンセスの大ファンである私が、大好物のホワイトツナ缶の美味しさを実食レビューをまじえてご紹介します♪

1缶で約500円。ワンコインの贅沢!

オーシャンプリンセスのツナは、500円前後のワンコイン価格が多くあります。

このパッケージ、なんだかやたら高級感があってオシャレなのですよ。

オーシャンプリンセスの高いホワイトツナ缶

写真は上から、

  • ホワイトツナ 国産唐辛子入り(フレーク)
  • ホワイトツナ 水煮(ソリッド)
  • ホワイトツナ 国産にんにく(フレーク)
  • ホワイトツナ 綿実油(ソリッド)

の順番に並んでいます。

唐辛子入りとか、にんにく入りとか、もうそれだけでビールのアテになりこと間違いないですよね。。。じゅる。

 

オーシャンプリンセス ホワイトツナ 綿実油(ソリッド)のパッケージ

見てください、このパッケージの質感。どんな高級食材が入ってるのかとワクワクしてきます。

 

オーシャンプリンセス ホワイトツナ 綿実油(ソリッド)の成分表示

一缶90g入り。

漬け込む油は、あっさりとした味わいの国産「綿実油」を使用しています。

ツナがかたまり形状のまま缶に詰められている「ソリッド」タイプは高い加工技術が必要で、日本でもそれができる職人さんは少ないんだそうです。

 

オーシャンプリンセスのホワイトツナ缶を実食レビュー!

オーシャンプリンセス ホワイトツナ 綿実油(ソリッド)を開缶してみた

開缶した図。

まぐろの身がぎっっっしり詰まっています!

まるで木の年輪のように美しいそのお姿に、しばし見とれる私。

ほう・・・。

あまりにもまぐろの身がぎっしり詰まっているので、形を崩さずに箸で取り出すのも一苦労です。

 

オーシャンプリンセス ホワイトツナ 綿実油(ソリッド)は身がぎっしり

見てください、この重厚感すら感じるホワイトツナの塊を!

 

そして一口。

うーーーーん!やっぱりウマい!\(^o^)/

まぐろの旨みがすごい!

スーパーで3缶パックで400円くらいで売っているツナ缶と同じカテゴリーの食べ物とは到底思えない美味しさです・・・。

 

お料理の素材として使ってももちろんいいのですが、缶詰を開けたままの状態がすでに完成されたお料理だと思うので、まずはこのまま食べて欲しい

 

そして今回はちょっとお皿に盛りつけてみました。

オーシャンプリンセス ホワイトツナ 綿実油(ソリッド)をおしゃれに盛りつけるとタパス風

白い小皿にホワイトツナを盛って、オリーブなんぞを周りに散らせば、なんだかオシャンティーなイタリアンバールとかで出てくるタパスみたいに見えてきませんか??

薄切りにスライスしたバゲットなんかを用意すれば、白ワインが永遠に飲める美味しさです。

ちなみに漬け油がめちゃくちゃ美味しいので、缶に残ったオイルもバゲットに付けるなどして全て食べつくすのがおすすめですw

まとめ

「日本一高いツナ缶」で有名なオーシャンプリンセスの、ホワイトツナ缶の美味しさについてご紹介しました。

オーシャンプリンセスさんは、さすがまぐろの本場・清水の会社だけあって、どの商品も美味しくて間違いがないんですよね。

このコロナ禍でなかなか外食もしずらい世の中だし、一缶ほぼワンコインで楽しめる贅沢としておすすめですよ。