食材の知識

牛乳は何群で何色?基礎食品群の分類と五大栄養素含有量まとめ

学校給食にも採用され、栄養豊富なイメージのある牛乳。

子どもには毎日飲ませているというお母さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、牛乳は「6つの基礎食品群」では何群で、「三色食品群」では何色なのか、また「五大栄養素」のどの成分が含まれているのかをまとめています。

牛乳は6つの基礎食品群の何群?

牛乳はカルシウムが豊富で体を整えてくれる食品ですので、6つの基礎食品群では第2の「牛乳・乳製品に分類されます。




牛乳は三色食品群の何色?

牛乳は、三色食品群では赤色に分類されます。

牛乳の五大栄養素とエネルギー含有量は?

牛乳の可食部100gあたりに含まれる栄養素の含有量を表にしました。

印がついているのが、五大栄養素の「炭水化物・脂質・たんぱく質・無機質・ビタミン」です。

成分名 単位
廃棄率 0 %
エネルギー 61 kcal
水分 87.4 g
たんぱく質 アミノ酸組成によるたんぱく質 3.0 g
たんぱく質 3.3 g
脂質 脂肪酸のトリアシルグリセロール当量 3.5 g
コレステロール 12 g
脂質 3.8 g
炭水化物 利用可能炭水化物 利用可能炭水化物(単糖当量) 4.7 g
利用可能炭水化物(質量計) 4.4 g
差引き法による利用可能炭水化物 5.3 g
食物繊維総量 0 g
糖アルコール 0 g
炭水化物 4.8 g
有機酸 0.2 g
灰分 0.7 g
無機質 ナトリウム 41 mg
カリウム 150 mg
カルシウム 110 mg
マグネシウム 10 mg
リン 93 mg
0 mg
亜鉛 0.4 mg
0.01 mg
マンガン 0 mg
ヨウ素 16 μg
セレン 3 μg
クロム 0 μg
モリブデン 4 μg
ビタミン ビタミンA レチノール 38 μg
α−カロテン 0 μg
β−カロテン 6 μg
β−クリプトキサンチン 0 μg
β−カロテン当量 6 μg
レチノール活性当量★ 38 μg
ビタミンD 0.3 μg
ビタミンE α−トコフェロール★ 0.1 mg
β−トコフェロール 0 mg
γ−トコフェロール 0 mg
δ−トコフェロール 0 mg
ビタミンK 2 μg
ビタミンB1 0.04 mg
ビタミンB2 0.15 mg
ナイアシン 0.1 mg
ナイアシン当量 0.9 mg
ビタミンB6 0.03 mg
ビタミンB12 0.3 μg
葉酸 5 μg
パントテン酸 0.55 mg
ビオチン 1.8 μg
ビタミンC 1 mg
アルコール 0 g
食塩相当量 0.1 g

※八訂日本食品標準成分表より

ぜひ参考にしてくださいね♪