日々の暮らしの楽しいコト、気になるコト、よかったコト。

楽萌え。

鯖寿司とバッテラの違いと名前の由来

生活

鯖寿司とバッテラの違いって何?名前の由来は?

投稿日:

おみやげでよく見かける「鯖寿司」と「バッテラ」。

どちらもサバのお寿司なのはわかりますが、何が違うのでしょうか?

また、バッテラという名前の由来は何なのでしょうか。

今回は、鯖寿司とバッテラの違いと、バッテラの名前の由来について調べてみました。

 

鯖寿司とバッテラの違いとは

どちらも鯖をネタにした押し寿司ですが、その内容や作り方は異なります。

鯖寿司とは

鯖寿司とは

鯖をネタにした「にぎり寿司」あるいは「押し寿司」のことを一般名詞での総称として「鯖寿司」と呼びます。

押し寿司には「棒寿司」と「箱寿司」があります。

料理名としての「鯖寿司」といえば、にぎり寿司ではなく「鯖の棒寿司」のことを指すことが多いようです。

棒寿司は、すのこや布巾で形を整えて作ります。

バッテラとは

バッテラとは

鯖をネタに、白板昆布をのせて箱寿司にしたものをバッテラと呼びます。

箱寿司は、専用の木枠にネタと酢飯を入れ、形抜きして作ります。

バッテラはかつてコノシロをネタに使っていたそうですが、徐々に安く手に入りやすい鯖に変わったといわれています。

大阪では白板昆布のことをバッテラ昆布と呼ぶ場合があり、大阪では地元の郷土食となっています。

 

鯖寿司とバッテラの違いを比較表でわかりやすく

鯖寿司とバッテラの違い、なんだかややこしいですが、簡単に区別すると以下の比較表のような感じになります。

鯖寿司 バッテラ
調理法 すのこや布巾で形を整えて作る「棒寿司」 専用の木枠に材料を入れて型抜きする「箱寿司」
切り口の断面 丸みを帯びた楕円形のような形 角ばった長方形
鯖の形状 鯖の切り身をそのまま使用 薄く削ぎ切りした切り身を使用
値段 高め(5000円ほどする高級品もあり) 安め(数百円程度の庶民の味)

 

「バッテラ」の名前の由来とは

バッテラの由来は、ポルトガル語で「小舟」を意味する「bateira(バッテイラ)」から来ています。

明治26年(1893年)頃、コノシロの半身を乗せた寿司の形状が小舟ににていたことから、大阪の寿司屋により「バッテラ」と名付けられたたんだそうです。

のちにコノシロに変わり鯖が使われるようになり、徐々に鯖の押寿司のことをバッテラと呼ぶようになりました。

 

まとめ

鯖寿司とバッテラの違い、そしてバッテラの名前の由来についてお伝えしました。

同じように思っていましたが違うものだったんですね。

バッテラの名前の由来がポルトガル語というのも驚きでした。

とても美味しい鯖寿司とバッテラ、これからはそれぞれの違いを楽しみたいですね(^^)

 




-生活

Copyright© 楽萌え。 , 2019 All Rights Reserved.