日々の暮らしの楽しいコト、気になるコト、よかったコト。

楽萌え。

煽り運転

生活

煽り運転を警察に通報する方法!ドライブレコーダーが動かぬ証拠に

投稿日:

とっても危険な煽り(あおり)運転。

自分は絶対に煽り(あおり)運転などしない!という人こそ、あおってくる人が理解できないし腹が立ちますよね。

でも仕返しにあおり返すなんてレベルの低いことはしたくありません。

最も効果的なのは、

「ドライブレコーダーの動画を証拠に、警察に通報」

でしょう。

今回は、煽り運転にあった場合に、ドライブレコーダー動画を証拠に警察に通報する方法をご紹介します。

 

 

煽り運転が原因で、物損事故や人身事故などの被害を受けた場合

 

煽り運転が原因で、車や器物の破損やケガなどを負うなどした場合は、明らかな被害を受けていますので、確実に警察が事故案件として扱ってくれます。

このような場合はすぐに110番して警察に通報しましょう。

その時にいちばん効果を発揮するのが「ドライブレコーダー」です。

まず通報するときに、被害内容を警察に伝え、同時にあなたの車のドライブレコーダーでその時の状況を録画していることを必ず申し出ましょう。

ドライブレコーダーの動画が動かぬ証拠となるのは明らかです。

 

 

煽り運転をされたが、事故にはならずそのまま相手が逃げてしまった場合

 

煽られているときの、相手の危険運転の状況をドライブレコーダーで録画していた場合、警察へ通報したら相手を逮捕してくれるのでしょうか?

このケースに関しては、原則として警察は操作や逮捕まではしてくれません。

煽り運転は「有形力行使の暴行罪」である、と警察がはっきり認めてはいますが、実際に事故が起きていない場合は、よほど悪質であったり現行犯でないと警察は動きにくいのです。

ただし、通報しても何もできないわけではありません。

ドライブレコーダーにGPS機能がついていて、煽られた場所の証明することができ、さらに前後に高画質のトライブレコーダーが付いていればかなり確実な証拠となります。

GPS機能搭載 高画質ドライブレコーダー

 

この動画を警察に提出した場合、すぐに逮捕とまではいきませんが、警察から煽った人物への注意喚起がされ、危険運転の注意人物としての記録保存はしてくれます。

さらに、あなた以外の人から同じようにこの注意人物に関する通報があった場合、警察はこの人物を危険性帯有者として捜査し、免停にする動きに出ます。

 

煽り運転をするような人物は、他でも危険な運転をしています。

他の人が危険な目にあわないためにも、あなたの被害を警察に伝えることはとても意義があるなのですよ!

 

あなたが警察に交通違反といわれた時にもドライブレコーダーで助かるかもしれない

 

万が一、あなた自身が交通違反の疑いで警察に止められてしまった場合。

本当に違反していた場合は仕方ありませんが、違反をしていないのに不当に検挙されることもあります。

その場合、やはりドライブレコーダーが役立ちます。

一度検挙されたあとでも、ドライブレコーダーの動画を警察に持ち込んで、違反キップが取り下げられることも多く起きています。

 

まとめ

 

煽り運転によるさまざまな被害は、大きな社会問題になっています。

被害を最小限にする手段としていちばんよいのは、ドライブレコーダーを確実に車に装備し、煽り運転で危険な目にあったら警察に通報」ということではないでしょうか。

自分の身は自分で守るしかないということですね。




-生活

Copyright© 楽萌え。 , 2019 All Rights Reserved.