日々の暮らしの楽しいコト、気になるコト、よかったコト。

楽萌え。

台風対策、賃貸マンションでも今すぐできる方法!窓ガラスの割れを防ぐには

生活

台風対策、賃貸マンションでも今すぐできる方法!窓ガラスの割れを防ぐには

投稿日:

賃貸マンションやアパートに住む人にとって、台風対策はむずかしい問題ですよね。

窓ガラスが割れないように対策したいけど、賃貸なので窓を自分で交換するわけにもいきません。

今回は、賃貸マンションやアパートの設備を変えることなく、自分で簡単にできる台風対策についてご紹介します。

 

窓ガラスを補強して、割れや飛散を防ぐには

 

台風で一番心配だけど対策しにくいのは、強風で窓ガラスが割れて破片が飛散することですよね。

シャッターや雨戸が付いていればいいのですが、賃貸マンションで雨戸つきというのはなかなかありません。

では、少しでも被害を少なくするにはどうすればいいでしょうか。

 

窓ガラスの割れ対策レベル1.「カーテンを閉める」

当たり前のことですが、カーテンをしっかりと閉めておきましょう。

万が一窓ガラスが割れてしまった場合、部屋中にガラスの破片が飛び散りにくくしてくれる効果があります。

 

窓ガラスの割れ対策レベル2.「窓ガラスにガムテープを貼る」

窓ガラスが割れた場合の飛散防止として、部屋側から窓ガラスにガムテープを貼ると効果的です。

ガムテープを貼るだけなら、台風がすでに来てしまって外に出れない時でも、部屋の中で対策できますね。

紙製のガムテープだと後ではがしにくくなってしまいますので、できれば布製のガムテープのほうがよいでしょう。

台風対策、賃貸マンションでも今すぐできる方法!窓ガラスの割れを防ぐには

上記の図のように、バツ印のように貼るのが効果的です。

後ではがすのが大変にはなりますが、右側の窓ガラスのようにガムテープを何重にも重ねるとさらに効果が高まりますね。

 

窓ガラスの割れ対策レベル3.「窓ガラス飛散防止フィルムを貼る」

もし台風襲来までに時間的な余裕があるのでしたら、窓の内側から貼る飛散防止フィルムを貼るという方法がとても効果的です。

窓ガラスを割れにくくしてくれますし、さらに割れてしまったときの飛散も防いでくれます。

窓ガラスの割れ対策の効果としては一番高いといえるでしょう。

透明なシートなので、ガムテープを貼るより見た目もいいですし、台風対策だけでなく空き巣対策として防犯にも役に立つ一石二鳥の方法です。

 

 

ベランダも忘れずにチェック

賃貸マンションの場合、ベランダがある部屋も多いと思います。

植木鉢などをベランダに置いている場合、可能なかぎり部屋に入れるようにしましょう。

ベランダに置いてあるものが台風の強風であおられ、窓ガラスに当たって割れたり、周囲に飛ばされることで他の家や通行人に迷惑をかけることになり危険です。

物干し台など、部屋に入るのが難しいものは、横に寝かせた状態で、ベランダの手すりにヒモで固定しておくと安全です。

 

忘れがちなのが、ベランダの排水口です。

ベランダの排水口が落ち葉などのゴミで覆われている場合、台風による豪雨でベランダが水浸しになる可能性があります。

台風が来る前にに取り除いておきましょう。

 

また、エアコンの排水ホース(ドレン管)が強風により縦向きになってしまうと、排水がうまくいかず、エアコンからの水漏れの原因となります。

エアコンの室外機の周りのものも撤去するようにしましょう。

 

賃貸マンションでもできる台風対策まとめ

 

対策しにくい賃貸マンションやアパートでも、簡単にできる台風対策をご紹介しました。

賃貸の場合、住人が自由に設備を変えることが出来ません。

しかし自分でもできることは対策をして、台風の被害を最小限にするよう工夫していきましょう(^^)

 

 




-生活

Copyright© 楽萌え。 , 2019 All Rights Reserved.