シーチキンの高級品「炙りとろ」がウマかった件

みんな大好きツナのなかでも、「シーチキン」というネーミングで元祖といえばはごろもフーズですよね。

そのはごろもフーズからシーチキンの高級品「炙りとろ」が販売されているんです!

まぐろのトロで作ったという贅沢なシーチキンを食べてみたので実食レビューします♪

シーチキンなのに1缶500円・・・ぜいたく品です

シーチキン炙りとろ

こちらがそのシーチキン炙りとろのパッケージ。缶詰なのにさらに紙の箱に入っており、見るからにちょっとお高い雰囲気を醸し出しています。

部位は高級なとろを使っている件を前面でアピールww

それもそのはず、なんとこのシーチキン炙りとろは1缶で500円近くするんですよ!

スーパーで売っている通常のツナ缶はせいぜい3缶パックで3~400円くらいなので、この炙りとろは普通のツナ缶の4~5倍くらいのお値段ということになります。

シーチキン炙りとろを開封してみた

シーチキン炙りとろを開封

そして開封の儀。

うわー!まぐろの身が整然と並び、もはや盛りつけられているという感じです。
美しい・・・。

最近、缶詰をそのままお酒のつまみとして食べる「缶つま」が流行っていますよね。おそらくこのシーチキン炙りとろも、料理素材というよりも、そのまま食べる「料理」としての位置づけを狙っているのかもしれません。

このまま食卓に出しても、なんだかオシャレな感じすらしますもん。
小口ネギや粗びき黒コショウなんかをトッピングすれば、お客さまにも出せる立派な一品になりそうです。

シーチキン炙りとろを実食してみた

シーチキン炙りとろ実食レビュー

ついにシーチキン炙りとろを実食してみます。

うーん!まぐろの旨みが凝縮されていて、味も濃いめ。おつまみにも、ごはんのおかずとしても素晴らしい役を果たしてくれそうです。

そして身がしっかりしていて食べ応えがありますので、かなり満足感もあり。この時点で私が冷蔵庫にビールを取りに行ったのは言うまでもありません!

オイル漬けなのですが、この油が美味しい。そのため、身を食べるときにいちいちたっぷりと油を絡ませながら食べてしまい、食べ終わった後の缶にはあまり油が残っていません(;'∀')

うまみたっぷりの油なので、バケットなどを用意して無駄なくいただくのをおススメします♪

まとめ

今回は、はごろもフーズの最高級シーチキン「炙りとろ」の実食レビューでした。

ツナ缶が500円・・・と聞くとびっくりしますが、食べてみれば納得。静岡に行く機会があればぜひチャレンジしてみてくださいね♪



-

Copyright© 楽萌え , 2019 All Rights Reserved.