生活

還暦祝いの相場は?金額の目安と祝儀袋の書き方も解説

還暦祝いを贈るときに、ご祝儀の金額の相場はいくらくらいなのか、またプレゼントをどうすればいいのか悩むこともあるのではないでしょうか。

今回は、還暦祝いのお祝儀の金額の相場やプレゼント選び方、ご祝儀袋の書き方についてご紹介します。

還暦祝いの祝儀、金額の相場はいくら?

還暦祝いとして現金のご祝儀を渡す場合は、一般的にはだいたい以下のような金額が相場とされています。

両親 3~5万円
祖父母 1~3万円
その他親族 5千円~1万円
恩師、上司など 1万円

ただこれらの金額も決まりはなく、家庭や親族によって違う場合もあります。
祖父母や親族に贈る場合、他の親族の方と相談して決めるのが無難でしょう。

還暦祝いのご祝儀は現金かプレゼントどちらがいいの?

そもそも、還暦祝いに贈るのは「現金」でのご祝儀と、品物の「プレゼント」のどちらが良いのでしょうか。

基本的に決まりはなく、「現金のご祝儀だけ」「品物のプレゼントだけ」「ご祝儀とプレゼント両方」のどのパターンもあるようです。

しかし一般的には品物のプレゼントを渡すという人がいちばん多いでしょう。その場合、別途ご祝儀も渡す必要はありません。

日本では目上の人に現金を贈ることはあまり良しとされない考え方があります。最近はあまり気にしない人が多いですが、年上の方に対して失礼にあたりマナー違反となる可能性もありますので気を付けましょう。

受け取る側の性格や関係性にもよりますので、身内だけのお祝いであればご家族や兄弟などでよく相談して、現金にするかプレゼントにするかを決めると良いでしょう。

実際に還暦祝いをしてもらったお父さん・お母さんから、もらって嬉しかったプレゼントのアンケートを実施しました。プレゼントをどんなものにするか迷ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

還暦祝いにもらって嬉しかったもの母親編ランキング!「もうすぐ還暦を迎える母親に贈るプレゼント、どんなものが喜ばれるかな?」 そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 ...
還暦祝いにもらって嬉しかったもの父親編ランキング!「お父さんの還暦祝い、プレゼントは何がいいかな?」 ずっと頑張って働いてくれた大切な父親へのプレゼントは、長年の感謝をこめて贈りた...

 

身内ではなく職場関係のお祝いの場合、還暦を迎えたお祝いされる側の人は、お祝いする側の人からみて上司にあたる場合が多いと思います。

その場合は目上の人に対して現金のお祝儀を渡すことが失礼になる可能性もありますので、品物でのプレゼントが無難でしょう。

部下から心を込めたプレゼントをもらえたら、還暦を迎えた人にとってとても嬉しい思い出になるはずですよ^^

還暦祝いの祝儀袋やのしの表書き、水引きはどうする?

還暦祝いを現金で贈ることにした場合は、お祝儀袋に入れて渡しますよね。また、品物のプレゼントであれば熨斗(のし)をつけるかと思います。

その際に、祝儀袋や熨斗(のし)や表書きはどうすればいいのか、またいろいろな種類がある水引はどれを選べばいいのかわからないという場合も多いのではないでしょうか。

ここでは、還暦祝いの熨斗(のし)や祝儀袋の表書きの書き方と、選ぶべき水引はどれなのかをご紹介します。

上書

還暦のお祝いに贈る熨斗(のし)・祝儀袋の表書きは「還暦御祝」「寿」「敬寿」「祝還暦」などの言葉がふさわしいです。

名前

贈り主が一人の場合は、真ん中に氏名を書きます。

連名の場合、3名以内の場合は、いちばん右に最も目上の人を書き、左に向かって順番に書きます。

同年代の友人などの連名の場合はあいうえお順で書きましょう。

4人以上の連名の場合は、代表者の氏名と、その左下に少し小さめの文字で「外一同」「子供一同」「孫一同」と書き、別紙を用意しそこに連名の全員の氏名を書き、同封します。

水引の選び方

水引は、紅白か金銀の蝶結びのものを選びます。

蝶結びの水引には、結び目が簡単にほどけ何度も結びなおせることから、何度も繰り返してほしいという意味があります。60歳以降も、また何度でも長寿のお祝いをさせてくださいという願いが込められているのですね。

贈る相手に合わせて考えよう

今回は、還暦祝いのお祝いは現金でのご祝儀とプレゼントのどちらがいいのか、また現金の場合の相場、祝儀袋の書き方についてご紹介しました。

お祝儀については基本的にはっきりとした決まりがないため、贈る相手に合わせて心を込めたお祝いをしてげましょうね。