気になる食材

梅干しは何群で何色?基礎食品群の分類と五大栄養素含有量まとめ

疲労回復に良く、夏バテ対策には欠かせない梅干し。

今回は、梅干しは「六つの基礎食品群」では何群で、「三色食品群」では何色なのか、また「五大栄養素」のどの成分が含まれているのかをまとめています。

梅干しは六つの基礎食品群の何群?

梅干しは、梅の果実を塩漬けにしたものです。

そのため、六つの基礎食品群では第4群の「その他の野菜・くだものに分類されます。

梅干しは三色食品群の何色?

梅干しは果物ですので、三色食品群では緑色に分類されます。

梅干しの五大栄養素含有量は?

梅干しの可食部100gあたりに含まれる五大栄養素の含有量は以下の通りです。

炭水化物(糖質) 8.6g
脂質 0.7g
たんぱく質 0.9g
ビタミン βカロテン 5 mcg
ビタミンE αトコフェロール0.2 mg
βトコフェロール微量
γトコフェロール1.8 mg
δトコフェロール0.1 mg
ビタミンK 9μg
ビタミンB1 0.02mg
ビタミンB2 0.01mg
ナイアシン 0.4mg
ビタミンB6 0.04mg
ビタミンB12 0mg
葉酸 Tr
パントテン酸 0.03
ビタミンC 0mg
ミネラル(無機質) ナトリウム 7200mg
カリウム 220mg
カルシウム 33mg
マグネシウム 17mg
リン 21mg
1.1mg
1.1mg
マンガン 1.1mg
ヨウ素 1.1mg
セレン 1.1mg
クロム 1.1mg
モリブデン 1.1mg

※七訂日本食品標準成分表より

ぜひ参考にしてくださいね♪